交通事故紛争処理センター

【読み方:こうつうじこふんそうしょりせんたー、分類:自動車事故】

交通事故紛争処理センターは、自動車事故(交通事故)に遭った当事者の面接相談を通して、弁護士や法律の専門家による事故の相談・和解のあっ旋、審査等を行う公益財団法人をいいます。1974年にセンターの前身である「交通事故裁定委員会」として発足し、1978年には組織を拡充し、中立公正の立場を強化するため「財団法人交通事故紛争処理センター」へと発展し、その後、交通事故の紛争の適正な処理と公共の福祉を目的に、全国的にその組織を広げ、今日では全国に11カ所の拠点をもって活動しています。

現在、当センターでは、事故の当事者間において、損害賠償などの問題について解決が図れない場合に、公正・中立の立場で、無償で紛争解決するための手助けを行っています。

交通事故紛争処理センターの目的

交通事故の関係者の利益の公正な保護を図るため、交通事故に関する紛争の適正な処理に資する活動を行い、以って公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

交通事故紛争処理センターの事業

上記の目的を達成するために、交通事故に伴う損害賠償の紛争に関する法律相談、和解のあっ旋および審査を無償で行っています。

交通事故紛争処理センターの運営経費

運営財源は、内外の損害保険会社、JA共済連、全労済、交協連、全自共、日火連から拠出されています。