東京外国為替市場とは何か?

東京外国為替市場は、「東京外為市場」や「東京市場」とも呼ばれ、2016年4月のBIS調査において、取引高で世界第5位の外国為替市場です。これは、東京証券取引所東京金融取引所などのように、特定の取引所があるわけではなく、マーケットに参加するネットワーク全体を指します。

世界の外国為替市場の中で、東京市場は地域的にアジアの東端にあるため、通常、ヨーロッパ勢やアメリカ勢はほとんど参加せず、取引の中心は日本に拠点のある銀行等の金融機関となっています。また、マーケットに参加する外国勢では、時間帯が重なる香港市場やシンガポ-ル市場などのアジア勢がブローカー等を通して取引を行うこともあります。

なお、東京市場は、ロンドン市場やニューヨーク市場と比べて顧客取引の占める割合が高く、またドル/円の取引が圧倒的に多いため、円を中心とした巨大なローカル市場という見方もあります。

東京外国為替市場の特色

・ドル/円取引が圧倒的に多い(全体の約6割弱)
・顧客為替の比率がLDNやNYと比べて高い
・ディーラーは顧客の売買に合わせた取引が多い
・東京時間に値段が大きく動くことは少ない
・近年はシンガポール市場と取引高の順位が逆転することもある

国際決済銀行の東京市場データ(2016年4月)

・総取引高:世界第5位、3,990億ドル/日
・取引シェア:世界の全取引の6.1%
・取引形態:ボイス取引 48.5%、電子取引 50.0%
・通貨別割合:USD/JPY 62.3%、EUR/USD 8.6%、EUR/JPY 5.5%
・取引集中度:上位10先のシェア 74.3%

※BISの「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ」

東京外国為替市場委員会の東京市場データ

・総取引高(2014年4月):世界第3位、3,629億ドル/日
・総取引高(2015年4月):3,627億ドル/日
・種類別(同上):Spot 35.8%、Swap 49.4%、Forward 13.6%

※「東京外国為替市場における外国為替取引高サーベイ」