銀行について

銀行は、「バンク(Bank)」とも呼ばれ、預金の受入、資金の貸付、手形の割引、為替の取引などを主たる業務とする金融機関のことをいいます。

現在、日本の銀行法では、内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者とされており、「預金又は定期積金の受入れと資金の貸付け又は手形の割引とを併せ行うこと」「為替取引を行うこと」のいずれかの業務を行うところと定義され、その種類には、都市銀行信託銀行地方銀行第二地方銀行ゆうちょ銀行外国銀行インターネット銀行、流通系銀行などがあります。また、総務省の日本標準産業分類では、中央銀行を除く銀行は、普通銀行、郵便貯金銀行、信託銀行、その他の銀行に区分されています。

一般に銀行は、日々の生活の中で、預金を引き出したり、振り込みをしたり、定期預金外貨預金を作成したり、借入をしたりするなど、とても身近な存在となっています。ここでは、銀行を種類別に分けて、主な取扱商品をまとめてみました(金融機関によって取扱商品は異なる)。なお、協同組織金融機関は、厳密には銀行ではありませんが、銀行と同様の業務を行うので本分類に含めています。

※日本で活動する銀行については、金融庁のウェブサイトで「銀行免許一覧」が公表されている。

普通銀行:都銀、地銀、第2地銀、ネット銀他

普通銀行(銀行)は、銀行法第4条第1項の内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む金融機関をいいます。また、金融庁の免許・許可・登録業者一覧では、都市銀行、地域銀行(地方銀行、第2地方銀行、その他)、その他に区分されています。

・預金
-決済用普通預金、当座預金
-普通預金、貯蓄預金、通知預金、定期預金
-外貨預金・・・
・債券
・投資信託、ファンドラップ、純金積立、外国為替証拠金取引
・ローン
・保険 他

信託銀行:信託業務を認められた銀行

信託銀行は、銀行業務と信託業務の両方を営んでいる銀行であり、銀行法に基づく免許を受けた銀行のうち、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)によって信託業務の兼営の認可を受け、かつ、その商号において「信託銀行」を称する金融機関をいいます。

・預金
・信託
-金銭信託
-遺言信託、贈与信託
-特定贈与信託、特定寄附信託
-公益信託・・・
・債券
・投資信託、ファンドラップ
・ローン
・保険 他

共同組織金融機関:信金、信組、労金、農協、漁協

協同組織金融機関は、会員の相互扶助を目的とした協同組織の形態をとる金融機関をいいます。

・預金(貯金)
・定期積金
・債券
・投資信託
・保険
・ローン 他