証券会社について

証券会社とは、金融商品取引法に基づき、内閣総理大臣の登録を受けて証券業を営む会社(金融商品取引業者)をいいます。

日本の証券業界は、1999年の株式売買委託手数料の自由化とインターネットの普及を期に大きく変わり、今日では顧客の裾野が大きく広がりました。特にインターネット取引を中心としたネット証券の参入によって、手数料やサービスの競争が起こり、その結果、業界全体で顧客(利用者)の利便性が大きく高まりました。

ここでは、証券会社の種類と取扱商品について、簡単にまとめてみました。

証券会社の種類

一般に証券会社は、以下のように分類することができます。

・国内外による分類
-国内証券会社
-外資系証券会社
・店舗の有無による分類
-既存型証券会社(店舗+ネット+コールセンター)
-ネット証券会社(ネット+コールセンター)

証券会社の取扱商品

現在、証券会社は、以下のような商品を取り扱っています。特に銀行と比べて、投資商品が充実しているのが大きな特色となっています。(金融機関によって取扱商品は異なる)

・株式(現物取引、信用取引、ミニ株、単元未満株、PTS取引)
-日本株、外国株(米国株、中国株など)
・債券
-国債、地方債、普通社債、転換社債、外債・・・
・投資信託
-国内投信、外国投信、ETF、ETN、REIT
・先物・オプション取引
・外国為替証拠金取引
・CFD取引
・商品先物取引
・カバードワラント
・保険商品 他