円建て運用商品について

資産運用において、円建て運用商品には様々な種類があり、具体的には、預貯金債券投資信託株式商品ファンド商品先物取引などが挙げられます。ここでは、各商品毎のリターンリスク、収益を規定するマーケットについて、簡単にまとめてみました。

※商品の特徴は、一般的な観点で述べている。
※主要マーケットは、影響が大きいものについて述べている。
※各マーケットは、相互に影響し合う。

預貯金の基本事項

預貯金は、元本を確保して、確実に貯める場合に活用します。

・リターン
-インカムゲイン(利息)
・リスク
-信用リスク(金融機関の倒産)
・収益を規定するマーケット
-主に短期金融市場

債券の基本事項

債券は、預貯金より、預入期間が長く、利率が高いため、中長期投資をする場合に活用できます。なお、投資をする際には、銘柄の格付け等に注意する必要があります。

・リターン
-インカムゲイン(クーポン)、キャピタルゲイン(売却益、償還差益)
・リスク
-価格変動リスク(債券価格)、信用リスク(発行体のデフォルト)
・収益を規定するマーケット
-債券市場

投資信託の基本事項

投資信託は、投資目的や投資対象リスク許容度などに合わせて、MMFや公社債投信等のローリスク・ローリターンのファンドから、株式投信やブル・ベア投信等のハイリスク・ハイリターンのファンドまで、様々なものが活用できます。

・リターン
-インカムゲイン(実績分配金)、キャピタルゲイン(売却益)
・リスク
-価格変動リスク(商品毎に各種リスク有)
・収益を規定するマーケット
-短期金融市場、債券市場、株式市場 他

株式の基本事項

株式(日本株)は、自分の投資スタイルに合わせて、通常の現物取引や信用取引以外にも、取引単位の小さな「ミニ株」や「単元未満株取引」、積立方式の「株式累投」なども活用できます。

・リターン
-インカムゲイン(配当金)、キャピタルゲイン(売却益)
・リスク
-価格変動リスク(株価)、信用リスク(企業倒産)
・収益を規定するマーケット
-株式市場

商品ファンドの基本事項

商品ファンドは、コモディティを投資対象としたファンドで、オルタナティブ投資の一つとして活用できます。

・リターン
-インカムゲイン(実績分配金)、キャピタルゲイン(売却益)
・リスク
-価格変動リスク
・収益を規定するマーケット
-商品の先物市場と現物市場、外国為替市場

商品先物取引の基本事項

商品先物取引は、証拠金を活用したハイリスク・ハイリターン型の取引で、オルタナティブ投資の一つとして活用できます。

・リターン
-キャピタルゲイン(差金決済益)
・リスク
-価格変動リスク(先物価格)、レバレッジリスク(証拠金取引)
・収益を規定するマーケット
-商品の先物市場、外国為替市場