外貨建て運用商品について

資産運用において、外貨建て運用商品には様々な種類があり、具体的には、外貨預金外国債券外貨MMF外国投信外国株式外国為替証拠金取引などが挙げられます。ここでは、各商品毎のリターンリスク、収益を規定するマーケットについて、簡単にまとめてみました。

※商品の特徴は、一般的観点で述べている。
※主要マーケットは、影響が大きいものについて述べている。
※各マーケットは、相互に影響し合う。
※金は、国際価格がドル建て表示のため外貨建て商品とした。
※外貨MMFは、厳密に言えば価格変動リスクがある。

外貨預金の基本事項

外貨預金は、元金利息が共に外貨建ての預金をいい、外貨普通預金外貨貯蓄預金外貨定期預金などがあります。

・リターン
-インカムゲイン(利息)、キャピタルゲイン(為替差益)
・リスク
-為替リスク(外国為替)、信用リスク(金融機関の倒産)
・収益を規定するマーケット
-海外短期金融市場、外国為替市場

外国債券の基本事項

外国債券は、発行者・通貨・発行場所のいずれかが海外の債券をいいます。

・リターン
-インカムゲイン(クーポン)、キャピタルゲイン(売却益、償還・為替差益)
・リスク
-為替リスク(外為)、価格変動リスク(債券価格)、信用リスク(デフォルト)
・収益を規定するマーケット
-海外債券市場、外国為替市場

外貨MMFの基本事項

外貨MMFは、外国投信の一種で、通常、対象通貨の高格付け債券や短期金融商品を中心に運用され、信用リスクの軽減や資金の流動性の確保が図られているため、外貨建て元本の安全性は非常に高いです。

・リターン
-インカムゲイン(実績分配金)、キャピタルゲイン(為替差益)
・リスク
-為替リスク(外国為替)
・収益を規定するマーケット
-海外短期金融市場、外国為替市場

外国投信の基本事項

外国投信は、外国の法律に基づいて、海外で設定・運用される外国籍の投資信託(ファンド)をいいます。

・リターン
-インカムゲイン(実績分配金)、キャピタルゲイン(売却益、為替差益)
・リスク
-為替リスク(外国為替)、価格変動リスク(ファンド毎に各種リスク)
・収益を規定するマーケット
-外国為替市場、投資対象の市場全て

外国株式の基本事項

外国株式は、米国株中国株など、海外(外国籍)の企業が発行する株式のことをいいます。特に米国株では、世界的な有力企業や次世代の新興企業などに投資することができます。

・リターン
-インカムゲイン(配当金)、キャピタルゲイン(売却益、為替差益)
・リスク
-為替リスク(外国為替)、価格変動リスク(株価)、信用リスク(企業倒産)
・収益を規定するマーケット
-海外株式市場、外国為替市場

外国為替証拠金取引の基本事項

外国為替証拠金取引は、一定の証拠金(担保)を差し入れることによって、少ない元手で大きな取引(最高25倍のレバレッジ取引)ができる外国為替取引です。

・リターン
-インカムゲイン(スワップポイント)、キャピタルゲイン(為替差益)
・リスク
-為替リスク(外為)、レバレッジリスク、信用リスク(FX会社倒産)
・収益を規定するマーケット
-外国為替市場、海外短期金融市場

金(GOLD)の基本事項

金(GOLD)は、世界的に共通する価値観を持つ国際商品で、「通貨的価値」と「希少的価値」の2つの資産としての価値があります。

・リターン
-キャピタルゲイン(売却益)
・リスク
-価格変動リスク(金価格)、為替リスク(外国為替)
・収益を規定するマーケット
-現物市場、先物市場、外国為替市場