保険商品について

保険商品は、保険会社が提供する、保険事故に遭遇した者に所定の金額を給付する制度である「保険」を対象とした金融商品をいいます。これには、人の生死を対象とした「生命保険」と、偶然の事故・災害を対象とした「損害保険」の2つがあります。

一般に生命保険と損害保険のいずれにおいても、日常生活の中のリスクヘッジ(保障補償)が目的であり、安心を買う金融商品と言えます。ここでは、保険商品の基本事項について、簡単に整理してみました。

生命保険の基本事項

生命保険は、人の生死に関して一定の保障をする(保険金を支払う)保険です。

・3種類の基本タイプと主な保険
死亡保険(定期、終身、定期付終身・・・)
生存保険(貯蓄、個人年金・・・)
生死混合保険(養老、定期付養老・・・)
・ヘッジするリスク
-人の死、長生き・・・
・保険料の決定要因
-年齢、性別、健康状態・・・
・一般的な契約形態
主契約特約
・加入のポイント
-ライフプラン、目的、必要保障額、万一の安心・・・

損害保険の基本事項

損害保険は、偶然の事故による実損を填補する(保険金を支払う)保険です。

・主な保険
自動車保険火災保険地震保険、傷害保険、旅行保険・・・
・ヘッジするリスク
-自動車事故や火災、地震などの災害、突発的なケガや損害賠償
・保険料の決定要因
-カバーする損害額や賠償責任の大きさ
・加入のポイント
-災害リスク、目的、必要補償額、万一の安心・・・

第三分野保険の基本事項

第三分野保険は、生命保険と損害保険の両方にまたがる保険です。

・主な保険
医療保険ガン保険介護保険・・・
・ヘッジするリスク
-病気、ケガ、入院、介護・・・
・保険料の決定要因
-年齢、性別、健康状態・・・
・加入のポイント
-目的、必要保障額、万一の安心・・・