外国為替証拠金取引の取引概要

外国為替証拠金取引(FX)は、一定の証拠金(担保)を元に少ない資金で大きな取引ができる為替取引の仕組みですが、現在、その内容は取引会社によって結構異なっています。

一般にFXをする上で、日常的なルールである取引概要は基本知識として必須ですので、取引を始める際には、各社のウェブサイト等で必ず確認してみてください。ここでは、FXの「取引概要(取引要綱)」について、一般的なものをまとめてみました。

<外国為替証拠金取引の概要(一例)>

取扱通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、ポンド/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円の8通貨ペアは定番で、各社毎に異なる
 ・12~18通貨ペアあればほぼ問題なし
 ・多いところは150通貨ペアを用意
取引単位 1千通貨単位、1万通貨単位、10万通貨単位など各社毎に異なる
取引手数料 1万通貨は無料が主流、小口の1千通貨は手数料がかかる会社もあり
取引方法 両建ての有無(同一通貨で買いと売りの両方のポジションを持てるか)
レバレッジ 最大25倍で各社毎に異なる(証拠金の必要額は各社毎に異なる)
リスク管理 マージンコール、ロスカット(ストップロス)
注文方法 成行注文指値注文逆指値注文IFDOCOIFO
注文期限 Day(当日)、Week(週末)、GTC(キャンセルするまで)
注文チャネル インターネット、モバイル、コールセンター
預入期間 取引する期間は完全に自由(決済期限はなく、いつでも決済可能)
入金方法 口座振込、リアルタイム入金
出金方法 日本円での出金、外貨での出金(外貨受け渡しの有無をチェック)
1日の単位 日本時間午前7時から翌朝午前7時まで(米国がサマータイムのときは午前6時から翌朝午前6時まで)

金融知識ガイド

FXの基本

FXの実務