外国為替証拠金取引のスワップポイント

外国為替証拠金取引(FX)では、金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買った時に、その金利の差額分の受け取りが発生し、反対に金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を買った場合に、金利の支払いが発生します。この時の金利の受け払いを「スワップポイント」と言い、FXの一つの魅力になっています。

一般にFXでは、反対売買されるまでロールオーバー(決済期限の先延ばし)が毎日行われ、またインターバンクのスポット取引(2営業日後に受け渡しの取引)のレートに基づいているため、ロールオーバーの際に、トムネ(Tommorow Next:スポット取引日を乗り換える取引)を行うことになります。なお、このトムネは、インターバンクのオーバーナイト取引であり、その取引の際に1日分の金利が受け払いされ、これがスワップポイントになります。

スワップポイントとは?

スワップポイントは、2つの異なる通貨間の売買によって発生するもので、両方の通貨の金利の受け払い分を相殺した差額です(2国通貨間の金利差調整分)。

・スワップポイントは、通貨間の金利差によって発生
・スワップポイントは、各通貨の金利動向によって日々変動

スワップポイントの受け払い

スワップポイントは、ポジションによって受け払いが決定します。

・スワップポイントは、買いポジションで受け取れることが多い
(買った通貨の金利>売った通貨の金利の場合)
・スワップポイントは、売りポジションで支払うことが多い
(売った通貨の金利>買った通貨の金利の場合)

スワップポイントの付く時期

スワップポイントは、ニューヨーク市場クローズ時点のニューヨーク時間の夕方17時(日本時間:夏は朝6時、冬は朝7時)に付与されることが多いです。また、1週間の付き方は、FX業者によって異なります。

・毎日付くFX業者の場合
(月-1日、火-1日、水-1日、木-1日、金-1日、土-1日、日-1日)
・水曜日に金土日の3日分付くFX業者の場合※
(月-1日、火-1日、水-3日、木-1日、金-1日、土-なし、日-なし)

※2営業日後に決済、土日は市場が休みのため

金融知識ガイド

FXの基本

FXの実務