取引所FXとは何か?

取引所FXは、金融商品取引所が提供する外国為替証拠金取引(FX)をいいます。現在、FXには、「店頭FX」と「取引所FX」の二つがあり、店頭FXが顧客と業者が直接取引するのに対して、取引所FXは株式や先物・オプション取引と同様、業者が顧客と取引所の間に入って取引をつなぐ形となります。

一般に店頭FXは、手数料無料や多通貨ペア、レバレッジ選択方式など商品設計が自由なため、業社の独自性が高いのに対して、取引所FXは、取引の仕組みは基本的に同じなため、手数料やサービスの違いなどが業者選びのポイントになります。これより、取引所FXを行うにあたっては、上場商品である株式や先物・オプション取引と同様の視点で、どこの業者(取扱会社)が便利かを検討すればよいかと思います。

取引所FXの基本的な仕組み

取引所FXでは、外国為替証拠金取引(FX)が金融商品取引所に上場されています。これは、株式や先物・オプション取引と同様、取引所にFXが集中され、取引所を通して、透明性の高い価格で取引を行うことができます。また、顧客(投資家)の預けた証拠金は、取引所が全額預かるため、仮に業者(取扱会社)が破綻しても、証拠金は原則として全額保護されます。

取引所FXの種類

現在、日本の取引所FXには、東京金融取引所の「くりっく365」があります。

<東京金融取引所の「くりっく365」>

・投資家にとって最も有利となる価格をシステムで自動合成し提供。
スワップポイントは一本値で、受取側と支払側とで同額に設定。
・東京金融取引所に預託された証拠金は、原則として全額保護。

取引所FXの取引方法

取引所FXでは、顧客が取引所と直接取引するのではなく、実際に取引するにあたっては、取扱会社を通すことが必要になります。具体的には、株式や先物・オプション取引と同様、取引所FXの取扱会社に口座を開設して、その会社(業者)を通して取引する形になります。なお、取引所FXは、どこの業者(証券会社やFX会社等)でも取扱っているのではなく、取引所が設定する厳格な資格要件を満たした業者だけが取り扱えるようになっています。

1.取引所FXの基本的な仕組みを理解する。
2.取引所FXの取扱会社を検討し、口座を開設する。
3.取扱会社のサイトから取引システムにログインして取引する。

金融知識ガイド

FXの基本

FXの実務