大証FXについて

大証FXは、大阪証券取引所(現・大阪取引所)が2009年7月21日から2014年10月23日まで提供していた「取引所FX」をいいます。これは、先物・オプション取引(日経225先物等)と同様、取引所に外国為替証拠金取引(FX)が上場され、取引所を通して透明性の高い価格で取引を行うことができました。

提供当時、特に注目されたのが「オークション方式」と「マーケットメイカー方式」を融合した取引方式で、株取引で馴染みのある「」を見られることでした。具体的には、売りが最大8本、買いが最大8本で、合計最大16本もの気配値と注文数量が見られたため、株取引と同様、FX取引も板の厚さや動きを見ながら取引を行うことができました。

なお、取引所FXについては、大証FXの終了後も、東京金融取引所の「くりっく365」は提供されています。

大証FXの主な特徴(提供当時)

大証FXは、提供当時、以下の3つの大きな特色がありました。また、くりっく365と比べた場合、くりっく365のレート提示がマーケットメイカー方式なのに対して、大証FXはオークションとマーケットメイカーを混在させたハイブリッド方式となっていました。

・オークション方式とマーケットメイカー制度を融合した取引で、高い透明性と流動性を両立。
・投資家の差し入れた証拠金は大証が保管(仮に取扱会社が破綻しても、証拠金は原則として全額保護)。また、大証の受入証拠金額を直接ウェブサイトで確認可能。
・取引所で取り扱う他の先物・オプション取引と同様、証拠金の株式・債券等での代用が可能。

大証FXの取引方法(提供当時)

大証FXは、提供当時、顧客が大阪証券取引所と直接取引するのではなく、実際の取引にあたっては、株式や先物・オプション取引と同様、取扱会社を通すことが必要でした。具体的には、大証FXの取扱会社に口座を開いて、その会社(業者)を通して取引しました。

1.大証FXの取扱会社を比較・検討する。
2.最も自分に合っている取扱会社に口座を開設する。
3.取扱会社のサイトから取引システムにログインして取引する。

大証FXの基本事項(提供当時)

大証FXは、提供当時、ハイリスク・ハイリターン型の外貨運用をする場合に活用できました。

取扱機関 大阪証券取引所が認めた取扱会社
取引内容 通貨ペアの売買
取引方法 取引所取引
リターン インカムゲイン(スワップポイント)
キャピタルゲイン(為替差益)
リスク レバレッジリスク(少ない資金で大きな取引)
為替リスク(為替相場の変動)
関連マーケット 外国為替市場、各国金融市場
通貨ペア 11種類(対円は8種、非対円は3種)
取扱時間 約23時間/1日
取扱通貨単位 1万通貨
決済方法 転売・買戻しの反対売買
税金 申告分離課税(雑所得)

金融知識ガイド

FXの基本

FXの実務