外国為替証拠金取引の投資戦略

外国為替証拠金取引(FX)において、最終的に重要なのは「勝率」ではなく、「収益額」です。1年間を一つの戦いと考えた時、個々の戦闘では負けてもかまわないですが、全体の戦闘では負けてはなりません。すなわち、FXでは、全ての戦いに連勝することは不可能なため、個々の取引の負け(損失)はしょうがないですが、全体の取引では勝つ(最終損益がプラスである)ことが必要です。

そのためには、個々の戦闘に勝つための「戦術」だけではなく、全体の戦闘に勝つための「戦略」が重要になります。ここでは、FXの投資戦略について簡単にまとめてみました。

外国為替証拠金取引の目的

為替取引は、勝ち負け(勝率)ではなく、「トータルで儲け(プラス)」をしっかりと出し、投資資金(証拠金残高)を増やすことが目的です。

外国為替証拠金取引の目標設定

為替取引に際しては、自分の投入資金とリスク許容度から「目標収益」を設定します。(投入資金やレバレッジ、取引期間により、期待収益は変動)

外国為替証拠金取引の期間設定

為替取引は、ポジションを持つ期間(タイムスケール、下記は一例)によって、取るべき基本戦略や投資スタイルは大きく異なります。

・瞬間:数分~数十分
・超短期:1時間~1日
・短期:1日~1週間
・中期:1週間~3カ月
・長期:3カ月以上

外国為替証拠金取引の基本戦略

為替取引では、基本戦略として「順張り」と「逆張り」の2つがあります。通常、順張りでは「上昇トレンドなら買い、下落トレンドなら売り」が基本となるのに対して、逆張りでは「複数のシグナルから判断し、タイミングを重視した売買」が基本となります。

・順張り:相場のトレンドに乗って売買
・逆張り:相場の反転を狙って売買

外国為替証拠金取引の活用戦術(投資スタイル)

為替取引では、為替相場でどう戦うかを考える上で、戦術となる「投資スタイル」が重要です。これは、自分の取引期間や性格に合ったものを選択することが必要となります。また、取引のタイミングについては、複数の期間のトレンドを総合的に判断し、2つ以上が重なった時は大きなチャンスです。

・瞬間:スキャルピング
・超短期:超短期スイングトレード
・短期:短期スイングトレード
・中期:中期ポジショントレード
・長期:長期ポジショントレ-ド

外国為替証拠金取引のエントリー準備

為替取引では、相場のトレンド(方向性)をつかみ、相場の過熱感(買われすぎか売られすぎか)を判断することが大切です。また、現在の市場の需給関係(買いか売りかの流れ)についても見極めることが大切です。なお、売買のポイントとして、相場の転換点となる為替レートは常に意識します。

・為替相場のトレンドを把握
・買われすぎが売られすぎかを判断
・利益確定や損切りのポイントを確認

外国為替証拠金取引の実行プロセス

為替取引では、毎回の実行プロセスを確実に行うことが大切です。また、相場に入る前には、十分に準備し、心にゆとりを持つことが必要です。

1.本日のイベントをチェックする。
2.為替レートと為替チャートをチェックする。
3.ニュースやレポート等の最新情報をチェックする。
4.相場予測を行い、取引(売り、買い、様子見)を検討する。
5.保有するポジションを管理する。
6.相場動向を見て、ポジションを閉じる。
7.ディーリング結果(損益)を検証する。

金融知識ガイド

FXの基本

FXの実務