契約型投資信託の概要について

契約型投資信託(契約型投信)は、投資信託委託会社(運用会社)と信託銀行(受託銀行)が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託のことをいいます。これは、投資家から預かった金融資産を、信託財産として預ける運用会社と、預かる側である受託銀行が、信託契約を結ぶことで組成され、運用される投資信託のことを指し、また本用語は、「会社型投資信託」と比較する際に使われることが多いです。

一般に投資信託は、その設定形態によって「契約型投資信託」と「会社型投資信託」に分けられ、契約型投資信託は、さらに「委託者指図型投資信託」と「委託者非指図型投資信託」に分けられます。現在、日本で主流となっているのは「委託者指図型投資信託」で、これは委託者(運用会社)と受託者(受託銀行)が信託契約を締結し、それによって生じた受益権を分割して受益証券を発行し、それが販売会社を通して受益者(投資家)に取得される仕組みとなっています。

なお、販売会社は、受益者のための窓口で、銀行証券会社などの登録を受けた金融機関等がなり、受益者の情報は販売会社しか保有していません。また、商品説明や運用相談等の他に、資金の受け払いや目論見書の交付、運用報告書の送付などのサービスも行っています。

契約型投資信託の関係者は?

契約型投資信託は、以下のような関係者で構成されます。

・投資家(受益者)
・委託会社(運用会社)
・受託会社(信託銀行など)
・販売会社(銀行、証券会社、保険会社など)

委託者指図型投資信託の仕組みは?

委託者指図型投資信託は、委託者(運用会社)、受託者(信託銀行等)、受益者(ファンドの保有者)の三者で構成され、委託者と受託者との信託契約により受託者が委託者の指図のもとで信託財産を運用し、その受益権(ファンドの保有者の権利)を受益者が取得するという仕組みになっています。

契約型投資信託(委託者指図型投資信託)の分類は?

契約型投資信託(委託者指図型投資信託)は、資金の追加設定の有無により、以下の2つに分類できます。

|単位型投資信託

単位型投資信託は、ファンドの購入が設定前の募集期間だけに限られ、設定後は償還まで資金の途中追加ができない投資信託です。

|追加型投資信託

追加型投資信託は、ファンドの購入が運用開始後も可能で、設定後も資金の追加ができる投資信託です。

金融知識ガイド

投資信託の基本

投資信託の活用