割安株ファンド

【分類:内外・株式、投資対象:割安株】

割安株ファンドは、割安株(バリュー株)を中心に投資するファンド(投資信託)の総称をいいます。また、割安株とは、企業の財務状況や業績などから割り出した、本来あるべき株価より、実際の株価が割安だと判断される株式(銘柄)のことをいいます。

一般に割安株ファンドには、「日本株の割安株に投資するもの」と「外国株の割安株に投資するもの」とがあり、その仕組みは各ファンドにより異なりますが、いずれにおいても、将来的な投資銘柄の大きな値上がり益を期待するものであるため、長期投資が基本となります。

割安株の基本概念

割安株は、本来持っている価値(その会社の利益や資産等に対しての評価)に比べて、株価が低いと思われる銘柄のことをいいます。これには、様々な投資尺度から見て、株式市場の平均値や同業他社と比べて割安と判断される銘柄や、過去の株価水準から見て、現在の水準が割安と判断される銘柄などがあります。

具体的には、指標面で、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)、PCFR(株価キャッシュフロー倍率)などの水準が低い銘柄、またテクニカル面で、チャートでの移動平均線に対して下方に大きく乖離している銘柄などが挙げられます。

割安株ファンドの具体例

割安株ファンドは、投資対象(テーマ)の一つの選択肢となり、具体的には、以下のようなファンドがあります。

・日本割安株オープン(三井住友アセットマネジメント)
・割安株ジャパン・オープン(三菱UFJ国際投信)
・DIAM割安日本株ファンド(DIAMアセットマネジメント)
・フィデリティ世界割安有望株ファンド(フィデリティ投信) 他

金融知識ガイド

投資信託の基本

投資信託の活用