アクティブファンド

アクティブファンドは、予め定めたベンチマークよりも高い収益率の獲得を目指して運用する投資信託をいいます。これは、運用担当者(ファンドマネジャーや運用チーム)が自らの相場観や運用方針、運用手法などに基づいて投資する銘柄を決定し、予め定めたベンチマーク(TOPIX日経平均株価などの市場平均)よりも高い収益率を獲得することを目指して運用するアクティブ運用のファンドです。

一般にアクティブファンドは、どのような市場に対して、どのような方針で銘柄を選び売買するかについては、各々のファンドによって異なっており、その方針は目論見書に詳しく書かれています。また、昨今では、投資銘柄や投資割合などに運用担当者の運用方針が反映されるため、ファンドマネージャーの氏名を公表して募集するファンドもあります。

アクティブファンドの概要

アクティブファンドは、グロース投資やバリュー投資、テーマ型投資など、各々の運用方針に従って銘柄を選定し、市場平均以上の利益を追求したり、市場平均以下にリスクを抑制したりする運用を行う投資信託のことをいいます。

アクティブファンドの有名なもの

アクティブファンドで世界的に有名なものには、米フィデリティの「マゼランファンド」があり、また日本で有名なものには、さわかみ投信の「さわかみファンド」やレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」などがあります。