共済とは何か?

共済は、居住地や職業など一定の共通点を持つ人々がお金(掛け金)を出し合い、死亡や病気など万が一の時に現金(共済金)を受け取れる仕組みをいいます。また、営利を目的とせず、組合員同士の助け合い(相互扶助)という理念の下に事業活動(共済事業)を行っている組織のことも指します。

一般に共済に加入するには、出資金を支払って組合員になる必要がありますが、日常生活の中で、手頃な掛け金である程度の保障補償)を確保できるので、日本全国で利用している人は結構多いです。

共済に関する身近な商品

共済には、保障(補償)の対象により様々な商品があり、万が一の死亡や病気・ケガに備える「生命共済」や「医療共済」、家屋火災に備える「火災共済」などが有名です。

|死亡や病気・ケガなど人に関する共済

・生命共済:死亡・高度障害時を保障
・医療共済:入院や手術などの医療費を保障
・年金共済:老後の生活費などを保障

|家屋に関連した損害を補う共済

・火災共済:火災による損害を補償

|自動車に関連した損害を補う共済

・自動車共済:自動車事故に対する補償
・自賠責共済:人身事故に対する補償(自賠責保険と同じ)

共済の基本的な仕組み

共済は、不特定多数の人がお金(掛け金)を出し合い、万が一の時に備える保険と同じ性格の商品であり、相互扶助を基本としています。また、加入(組合員)条件があることや、掛け金以外に加入時に出資金が必要になる場合があることが、保険との主な違いです。

・居住地や職業などの共通点を持った人たちでグループを構成
・掛け金を支払い、万が一の事態に備える点は保険商品と変わらず
・掛け捨て型で特約が少ないシンプルな設計の商品が多い
・決算で余剰金が出れば、割戻金として払い戻してもらえる

共済の具体的な活用ポイント

共済は、商品によっては、保険並みに充実した保障(補償)内容のものもありますが、一般的には、毎月の負担額が相対的に安く、保障内容を充実させるより毎月の支出を減らしたい人や、一定期間だけ保障を付けたい人に向いていると言えます。

・必ずしも全ての保障(補償)ニーズはカバーできないため、保険商品と組み合わせて使う(死亡保障や医療保障はそれ程大きくないため、家族構成などによっては、生保商品と組み合わせるとよい)
・年齢や男女によって掛け金の違いのない商品が主流であり、保険料が高くなる中高年には相対的に有利(比較的少額の死亡保障と入通院の医療保障がついた「掛け金一律・1年更新」の掛け捨てタイプが人気)
・保険のように経営破綻時の契約者を保護する制度がないため、加入の際には経営状況や財務内容などに注意する必要がある(特に小規模な共済など)

身近な大手共済の種類

特定の職業ではなく、各地域の居住者が比較的自由に加入できる大手共済には、以下のよう種類があります。通常、大手共済は、宣伝費や営業経費が低く抑えられるため、掛け金も比較的安い場合が多いです。

|全労災:全国労働者共済生活協同組合連合会(生協法)

・人:こくみん共済、総合医療共済、せいめい共済、ねんきん共済他
・家:住まいる共済
・車:マイカー共済、自賠責共済、交通災害共済

|CO・OP共済:日本コープ共済生活協同組合連合会(生協法)

・人:たすけあい、あいぷらす、ずっとあい、新あいあい
・家:CO・OP火災共済、自然災害共済

|都道府県民共済:全国生活協同組合連合会(生協法)

・人:生命共済(こども型、総合保障型、入院保障型、熟年型他)
・家:新型火災共済

|県民共済:神奈川県民共済生活協同組合(生協法)

・人:活き生き1500・2000・3000、新こども、ケガ保障コース

|JA共済:全国共済農業協同組合連合会(農協法)

・人:終身、養老、こども、医療、がん、介護、一時払、傷害他
・家:建物更生共済
・車:自動車共済、自賠責共済