アカウント型生命保険の仕組みについて

アカウント型生命保険は、「自由設計型生命保険」とも呼ばれ、主契約の「貯蓄部分(積立部分)」と特約の「保障部分」の2つから構成される保険をいいます。これは、適用される利率が市場の金利動向に応じて一定の期間毎に見直されて変動する仕組みとなっており、また銀行の預金口座に似た積立部分があるのが大きな特徴となっています。

一般にアカウント型生命保険は、ライフプランに合わせて、保険設計の自由度が高い一方で、その仕組みは結構複雑です。通常、主契約の積立部分については、保険料の払込期間中は積立金を蓄積し、保険料の払込期間満了後はその時点の積立金を元にして、一定の金額の範囲内でその時点の健康状態に関わらず、終身保険年金などに移行できるようになっています。また、日常の保障面については、主契約の積立部分の上に、死亡保障や医療保障などの各種特約を自由に組み合わせて、必要な保障を確保することになります。

アカウント型生命保険の基本事項

アカウント型生命保険は、貯蓄機能を持つ積立口座を主契約とし、死亡・医療・ガン・介護といった保障を特約などの形で上乗せして組み合わせる二階建て構造となっています。その仕組みは、定期付終身保険と似ていますが、主契約に保障機能がなく、払い込んだ(積み立てた)保険料を自由に出し入れが可能であり、また上乗せ部分の保障内容を適宜見直すことが可能となっています。なお、積み立てた保険料は、保障に充当する以外に、家計の補填にも使うことができます。

・主契約:貯蓄部分(払い込み完了時に積立金を終身保険などに移行)
・特約:保障部分(死亡・医療・介護など必要な保障を契約し確保)

アカウント型生命保険の保険料の支払い

アカウント型生命保険は、毎回払い込む保険料はいったん主契約の積立金に入れられ、そこから契約する保障部分(特約)の保険料を支払う仕組みとなっています。また、払い込む保険料は、余裕資金のある時は多く、余裕資金のない時には少なくといったように、加入時や契約途中に所定の範囲内で自由に設定することができます。これにより、保障内容は変えずに毎月の保険料を減らしたり、払い込みを中止したりすることができるなど、契約後の状況の変化に応じて、柔軟に保障の見直しや払い込む保険料の調整ができるようになっています。

アカウント型生命保険の主な特徴

アカウント型生命保険は、通常の保険とは仕組みが全く異なりますので、加入にあたっては、その特徴をよく理解しておく必要があります。

・積立部分と保障部分の2つから構成される。
・積立部分の利率は定期的に変動する。
・払込満了時に積立部分に溜まったお金で終身保険などに移行できる。
・払込満了時に終身保険などの元になる積立金は予測できない。
・死亡保障や医療保障などの各種保障は特約で確保する。
・ライフステージに合わせて、保障内容を適宜見直せる。
・積立部分に溜まったお金を自由に引き出して利用できる。

アカウント型生命保険の主な注意点

アカウント型生命保険は、販売時において、死亡や医療などの保障と同時に積立口座で貯蓄もできると紹介されがちですが、払い込む保険料の大半は上乗せする保障の費用に充当されるのが普通です。例えば、月1万円の保険料のうち、積立金に回せるのは百円程度という契約もあるので、その内容にはご注意ください。

・上乗せ部分が定期保険なら、実態は複数の定期保険をまとめて買う契約になり、積立残高はあまり増えず、貯蓄機能にあまり期待できない。
・契約期間中に上乗せ部分の保障を増額したい場合、積立口座に十分な残高があれば保険料の上昇分に積立金を充てられるが、残高が足りなければ支払う保険料が増えてしまう。