延長保険とは何か?

延長保険は、「延長定期保険」とも呼ばれ、生命保険の変更制度の一つで、保険料の払込みを中止し、その時点の解約返戻金を元に、従来の保険金額を変えずに「死亡保障のみの定期保険」に変更することをいいます。これは、何らかの理由で保険料が払えなくなった場合に、それ以降の保険料の払込みを中止し、その時点での解約返戻金を一時払保険料に充当し、元の契約と死亡保険金が同額の定期保険(掛け捨て型の死亡保険)に変更して保障を継続する方法を指します。

一般に延長保険では、付加している各種特約は全て消滅し、また解約返戻金が少ない場合や保険の種類、健康の状態によっては利用できない場合もあります。なお、延長保険へ変更した後でも、通常3年以内であれば、元の契約内容に戻すことができる「復旧」という制度があり、それを実施する際には、所定の金額を保険会社に払い込み、保険会社の指定した医師による診査または告知が改めて必要となります。(復旧できる期間は保険会社により異なるので要確認、健康状態によっては復旧できないこともあり)

<延長保険の主なポイント>

・保険料の支払いを中止しても、ある一定の期間、同額の保障を継続できる制度
・その時点の解約返戻金を元に、保険金を変えずに「一時払の定期保険」に変更(死亡保険金額は同額、満期保険金はなし)
・変更後の保険期間は、解約返戻金で充当できる期間となる(仮に解約返戻金が大きく、保険期間が元の契約の期間を超えてしまう場合でも、元の契約期間までとなる)
・元の契約に付けられていた特約の保障は全て消滅する
・変更を行う場合、告知や診査が必要になり、健康状態によっては利用できないこともある