医療保険の活用の仕方は?

生保の医療保険の種類には、対象となる病気の種類を限定しない普通の「医療保険」と、対象となる病気の種類を限定した「ガン保険」や「特定疾病保障保険(三大疾病保障保険)」などがあります。通常、ガン保険や特定疾病保障保険では、保障対象となる病気にかかった時に、普通の医療保険と比べて充実した保障が得られ、また保障対象を限定しているため、保険料が割安といったメリットがあります。

日常生活の中で、病気やケガは、誰にでも起こり得るリスクです。このリスクに対して、貯蓄がたくさんある人は別として、万が一の出費に備えて、一家の大黒柱のみならず、専業主婦や独身の方も、最低限の医療保険に入っておくことは有効ではないでしょうか?

※上記の他に、医療費に備える保険として、損保の医療費の実費を補償する「医療費用保険」や、病気やケガによる収入の減少を補う「所得保障保険」などもあり。

医療保険の活用について

医療保険は、公的医療保険(国民健康保険、健康保険・・・)だけでは補えない費用をカバーする場合に活用します(保険期間は「定期型」と「終身型」があり)。これからの長生き時代において、公的医療保険の不安が高まる中、自分で医療保障を確保しておくことは安心と言えます。

・疾病・災害入院給付金
手術給付金
・退院給付金
・死亡・高度障害給付金 他

ガン保険の活用について

ガン保険は、ガンに特化した充実の保障が特徴で、万が一のガンに備える場合に活用します(保険期間は「定期型」と「終身型」があり)。現在、日本において、ガンは二人に一人がなる病気であり、その治療費は保険外も多いので、自分でガン保障を用意しておくことは安心と言えます。

・ガン診断給付金
・ガン入院給付金
・ガン手術給付金
・ガン通院給付金
・ガン死亡給付金
・普通死亡給付金 他

特定疾病保障保険の活用について

特定疾病保障保険は、三大成人病のガン・急性心筋梗塞・脳卒中に備える場合に活用します(保険期間は「定期型」や「終身型」があり)。通常、三大成人病になって、特定疾病保険金を受け取ると契約は終了します。

特定疾病保険金(三大疾病保険金)
死亡保険金
高度障害保険金 他