損害保険の種類は?

日常生活の中で、損害保険と言うと、「自動車保険」や「火災保険」を思い浮べる人が多いのではないでしょうか?

一般に損害保険とは、偶然な事故により生じた損害補償する保険をいい、災害や事故、費用、損害賠償など、日常生活に潜むリスクに対応できる様々なものがあります。実際に、これらをうまく活用することで、私たちはより安心した生活を送ることができます。

ここでは、損害保険の具体的な種類について見てみましょう。

損害保険の分類について

損害保険は、損害保険会社で取り扱われ、大きく分けて、自動車保険や火災保険などの「ノンマリン分野」と、貨物保険や船舶保険などの「マリン分野」とがあります。

・ノンマリン分野の保険
-自動車保険(強制、任意)
-火災保険、地震保険
-傷害保険(普通、家族、交通、旅行、レジャー・・・)
-新種保険(所得補償、医療費用、介護費用・・・)
-賠償責任保険(個人、法人)
-積立保険(積立、財形)

・マリン分野の保険
-海上保険(船舶、運送、貨物)

日常生活に関する損害保険について

損害保険は、個人の日常生活において、様々な場面で活用されています。

・住まいと生活のリスク対策(火災地震などの災害
火災保険地震保険・・・

・クルマのリスク対策(自動車事故)
自賠責保険任意保険ドライバー保険・・・

・ケガや病気のリスク対策(入院、通院、収入減)
普通傷害保険、医療費用保険、所得補償保険・・・

・レジャーのリスク対策(各種トラブル)
-旅行傷害保険、ゴルファー保険スキー・スノボード保険・・・

・老後に備えるリスク対策(介護、老後生活)
介護費用保険、年金払積立傷害保険

・日常生活のリスク対策と積立(貯蓄型保険)
-積立火災保険、積立傷害保険、財形貯蓄傷害保険・・・