損害保険代理店とは何か?

損害保険代理店は、損害保険会社の委託を受けて、その会社のために損害保険契約の締結の代理または媒介を行う者で、その会社の役員または使用人でない者をいいます。具体的には、損害保険会社と委託契約を結び、その会社に代わって顧客と保険契約を締結したり、保険料を集金したりする業務を行う者を指します。

現在、日本においては、損害保険では保険期間が比較的短期で迅速な締結を要する場合が多いため、保険契約の締結を代理する「締結代理店」が普通となっています。また、具体的な業務や権限等については、保険会社と代理店との間で交わされる代理店委託契約書に規定されており、手数料も代理店の階級制によって差が設けられています。

損害保険代理店の種類

損害保険代理店には、保険販売を専業とする「専業代理店(プロ代理店)」と、自動車ディーラーや自動車整備工場、不動産業者、旅行代理店、金融機関などが保険販売を兼ねる「副業代理店」があります。また、保険会社との関係においては、一社だけの保険会社の委託を受けている「専属代理店」と、複数の保険会社の委託を受けている「乗合代理店」があります。

損害保険代理店の役割

損害保険代理店の最も重要な役割として、消費者・保険契約者と保険会社のパイプ役となり、知識・情報・交渉力等の格差を緩和し、消費者・保険契約者を様々な危険(リスク)から守るべく「最適な保険提案」を行うことが挙げられます。

なお、保険会社との委託契約により、保険会社の代理人として保険契約を締結する権限が与えられているため、契約者が代理店に対して「申込書」により申込みを行い、代理店が承諾すれば、保険会社との間で保険契約が有効に成立したことになります。

損害保険代理店の業務内容

損害保険代理店は、損害保険会社との間で締結した損害保険代理店委託契約に基づき、損害保険会社を代理して、以下のような業務を行っています。

●契約時の業務

・保険商品の勧誘
・保険の対象となるものの確認
・保険商品の説明(契約金額の設定、保険料の計算)
・重要事項の説明、告知事項の受領
・契約の意向確認
・保険契約の締結(保険料の領収、領収証の発行・交付)

●契約後の業務

・保険契約の変更や解約などの申出の受付
・事故通知の受付、保険会社への連絡
・保険金請求手続きのアドバイス