固定金利選択型住宅ローンとは?

固定金利選択型住宅ローンは、「固定金利特約型住宅ローン」とも呼ばれ、一定期間だけ金利を固定する特約を付けた住宅ローンをいいます。通常、金利を固定できる期間は、金融機関によって異なりますが、2年や3年、5年、7年、10年などから選べることが多いです(固定金利期間中の変動金利への変更はできない)。また、当初選択した固定金利期間が終了すると、再度、固定金利特約型か変動金利型かを選べる所と、変動金利型しか選べない所とがあり、金融機関によってその取扱いが異なります。

一般に固定金利選択型住宅ローンでは、固定期間終了後に、適用金利も返済額も見直しが行われます。この際に、普通の変動金利型のような返済の上限は特にないため、将来的な金利状況(金利上昇)によっては、固定金利期間終了後の返済額が大きく増加することもありえるので注意が必要です。また、商品名に「固定」という表現が使われていますが、そのベースはあくまでも変動金利のため、固定金利期間が短い場合には、将来的な金利変動リスクをかなり負っていることになります。

なお、固定金利選択型住宅ローンを効果的に活用するには、選択した低金利の固定期間中に繰上返済を効果的に行って、元金を減らしておくことです。そうすることによって、固定期間の終了後の返済リスクをある程度低減することができます。

※金融機関によっては、キャンペーン金利を適用して、当初の固定金利期間の終了後も一定の金利優遇が受けられる仕組みを用意している所もあり。