一戸建

【読み方:いっこだて、分類:住宅種類】

一戸建は、「戸建て」とも呼ばれ、地面に接し、主に1~3階建てで、独立して一戸として建てられた住宅のことをいいます。これは、構造形式によって、木造住宅(在来工法2×4工法、木骨造)、プレハブ住宅、鉄骨造住宅、鉄筋コンクリート造住宅などがあります。また、国勢調査では、各世帯が居住する住宅をその建て方によって、「一戸建」「長屋建」「共同住宅」「その他」に区分しており、この中で一戸建は、一建物が一住宅であるものが該当します(店舗併用住宅の場合でも、一建物が一住宅であれば含まれる)。

一般に土地価格が高い日本の中心地(都市部)では、一戸建よりもマンションなどの高層住宅の方が多くなっています。