1K

【読み方:わんけー、分類:間取り】

1Kは、「1room(部屋)+Kitchen(キッチン:台所)」の略で、部屋が一つあり、その他にK(キッチン)が4.5(6)帖未満ある住宅間取りをいいます。これは、通常、1DKより狭く(その分家賃も少し安く)、一つの居室(部屋)と、その部屋の外にキッチンがあり、この二つが仕切られています。今日では、1R(ワンルーム)が主流になる中で、あまり見かけなくなった間取りといえます。

一般に住宅の間取りは、部屋の数とL(Living)・D(Dining)・K(Kitchen)の有無を、一つの数字と三つ以内のアルファベットで表記されます。また、不動産物件の広告やパンフレットには、これらの表記と共に「間取り図」が付いていて、実際の部屋の配置が分かるようになっています。