売建住宅

【読み方:うりたてじゅうたく、分類:住宅種類】

売建住宅は、不動産開発業者(デベロッパー)が宅地(建築条件付土地)を分譲し、契約の際に購入者と建築請負契約を結んで建てる一戸建て住宅のことをいいます。これに対して、建売住宅は、不動産会社やハウスメーカーなどの業者が仕入れた土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことをいいます。一見、両者は呼び名(用語)こそ似ていますが、法律上は全くの別物であり、売建住宅は建売住宅とは異なり、土地の売買の後で建物を建てるので、建物は個別の建築請負となります。

一般に売建住宅は、分譲地に好みのを建てる一つの方法であり、購入者は自由に建物の設計プランを決めることができますが、その一方で施工会社が特定されているため、工法などは、その施工会社で可能なものに限定される場合もあります。なお、通常は、デベロッパーの方で、その土地や環境などに合った参考プランや施行例などを用意しており、それを基にして、顧客の希望を取り入れて設計していくことが多いです。