デザイナーズマンション

【読み方:でざいなーずまんしょん、分類:住宅種類】

デザイナーズマンションは、建築家(建築デザイナー)によって設計されたマンションのことをいいます。これは、建築デザイナーのコンセプトが前面に表れた「こだわりのある個性派マンション」であり、独特の外観や間取りを持つ物件が多いです。当初は、都心の賃貸物件を中心に登場しましたが、今日では、分譲物件でも高額物件を中心に増えています(賃貸の場合、一般的な物件より家賃は高め)。

一般にデザイナーズマンションは、個性的なコンセプトが魅力であり、そのコンセプトには、ライフスタイルを絞り込んだ独特なものがあり、単に居住空間の面白さだけでなく、斬新さや気品、伝統と近代の共存、生き方や暮らし方に関する哲学を思わせるものも少なくありません。例えば、70平米ぐらいの広さの住戸を各個室という概念を取り払ってワンフロアーにしてしまうとか、開放感を求めて風呂をガラス張りにしてしまうとか、あるいはスタイリッシュな外観に仕上げてクールさを追求しつつ、室内はあくまでも住みやすい間取りにするなど、実に様々なコンセプトのものがあります。

なお、デザイナーズマンションについては、デザイン重視にはなっていますが、構造的な強度や品質においては一般的な物件と特に優劣がある訳ではありません。また、実際の入居にあたっては、そのコンセプトを受け入れる(気に入る)ことができるかは非常に重要な要素であり、少しでも違和感があると、逆に住みづらいこともあるので注意が必要です。