ベタ基礎

【読み方:べたきそ、分類:構造】

ベタ基礎は、「マット基礎」や「ラフト(いかだ)基礎」とも呼ばれ、建物の底面全体を鉄筋の入ったコンクリート盤にした基礎をいいます。これは、基礎の立上りだけでなく、底一面が鉄筋コンクリートになっているもので、建物の底面全体にわたってコンクリートスラブを敷きつめる構造になっています。また、基礎とは、建築物では、建物の重さを地盤に伝えるために最下層に設ける構造部分のことをいい、またベタとは、建築用語で全面にコンクリートを打設することを意味します。

一般にベタ基礎は、地盤の上にそのまま載せる直接基礎の一つで、また直接基礎には「布基礎」や「ベタ基礎」などがあります。通常、一戸建では、地耐力が十分な場合は布基礎を用い、地耐力が不足している場合などには不同沈下を防止するためにベタ基礎を用いることが多いですが、昨今では、施工手間がかからないため、ベタ基礎が主流になっています。なお、ベタ基礎は、建物の下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作るため、強度が高くかつ耐震性も優れ、また地面からの湿気を防ぎ、シロアリ対策としても効果が期待できます。