羽柄材

【読み方:はがらざい、分類:部材】

羽柄材は、「葉柄材」や「端柄材」とも表記され、木造住宅において構造材を補う材料や下地材のことをいいます。これは、などの構造部材や、敷居鴨居廻り縁などの造作材を除いた小規模断面部材の総称を意味し、具体的には、間柱大引き筋交い根太垂木、貫など多岐に渡っています。