造作材

【読み方:ぞうさざい、分類:部材】

造作材は、「化粧材」とも呼ばれ、建物内部の仕上げ材や取り付け材のことをいいます。これは、建築に使用される木材において、構造材羽柄材以外のものを意味し、具体的には、天井・・棚・階段のほか、和室における鴨居敷居・長押(なげし)・(かまち)などや、洋室におけるドア枠・沓擦り(くつずり)・ケーシング、巾木(はばぎ)・笠木などがあります。