管柱

【読み方:くだばしら、分類:垂直材】

管柱は、二階建て以上の木造建築(建物)で、胴差しなどで中断されたのことをいいます。これは、一階または二階(または三階)のその階にだけ入っている柱を意味し、それぞれ上の階にかかる荷重を受ける構造材ですが、一般的には通し柱より一回り小さいです(業者によっては、同じ場合もあり))。そのため、原則として建物の四隅にある隅柱については、管柱ではなく、土台から軒桁まで通っている通し柱にする必要があります。