住居

【読み方:じゅうきょ、分類:概念】

住居は、人が住まうこと、およびその場所やのことをいいます。これは、人間生活の基本条件(衣食住)の一つであり、最も基本的な機能は、人間生活を外界から保護するというシェルターとしての役割です。また、本用語は、居住を目的とする建物という意味では「住宅」とほぼ同義ですが、通常、住宅の方が人のすみかとしての建物の側面を強く含意するとのことです。なお、学問や行政、法律などでは、「住居」の方が用いられることが多いそうです。