【読み方:けた、分類:水平材】

桁は、の上に棟木と平行方向に横に渡して、建物の上からの荷重を支える部材のことをいいます。これは、柱と柱の間に渡す横木であり、柱が傾かないように固定すると共に屋根などを支えるためのもので、棟木に直角に渡されるに対して平行に渡される横木のことを指します。また、その種類には、外壁の上部で垂木を受けている「軒桁」のほか、「敷桁」や「母屋桁」などがあります。

・桁方向:建物の棟木と平行する方向
・梁方向:建物の棟木と直角となる方向