母屋

【読み方:もや、分類:屋根】

母屋は、建築用語で、木造住宅において小屋組構造材の一つで、棟木と平行に、その二つの構造材の中間に位置する部材をいいます。これは、屋根の最も高い位置に取り付けられる棟木と屋根の外周部に渡される桁との中間に平行に設置され、棟木と同じく屋根の荷重を小屋束からに伝える働きがあり、また垂木を受けるための下地としての役割があります。通常、母屋や棟木、桁などの構造材は、上棟と呼ばれる作業で一度に組み上げられます。

なお、母屋を「おもや」と読む時は、付帯的な建物である離れや納屋などに対して、敷地内の中心となる建物のことをいいます。