棟木

【読み方:むなぎ、分類:屋根】

棟木は、木造住宅などの建築物(建物)において、屋根の一番高い位置にある部材のことをいいます。これは、母屋と平行に取り付けられる水平材であり、屋根の荷重を受け、小屋束からに伝える働きがあります。

一般に棟木を取り付けると建物の骨組みが完成し、この作業を棟上げ上棟)と呼びます。また、その際に上棟式を行って、棟梁が四方を清め、工事の無事完了を祈る慣習(お祝い)があります。