まぐさ

【読み方:まぐさ、分類:水平材】

まぐさは、「目草」とも表記され、窓や出入り口などの開口部のすぐ上に取り付けられた横材のことをいいます。これは、上部のを支える役割を持ち、木造住宅の場合、ツーバイフォー工法の方が木造軸組工法よりまぐさのサイズが大きくなります(モノコック構造で開口部が構造上のウイークポイントになるため)。なお、まぐさと対になる下部の横材(窓の下枠のすぐ下に取り付けられた横材)を「窓台」といいます。