軒桁

【読み方:のきげた、分類:水平材】

軒桁は、木造住宅などにおいて、の下で垂木を受ける横架材(横木)のことをいいます。これは、外周軸組で、棟木母屋と平行の方向にあって、小屋梁や垂木を受けて、屋根の荷重をに伝える役目をしています。なお、軒桁と同じように、建物の外周部に配置される水平材には胴差しなどがあります。