床束

【読み方:ゆかづか、分類:床】

床束は、建物を支えるためのをいいます。これは、床の構造の一部で、大引きから垂直に地面に下ろし、束石を通じて床の荷重を地盤に伝える役目をします。かつては、木材が一般的に利用されていましたが、今日では、耐久性があって高さの調整が簡単にできる、合成樹脂製の「プラ束」や鋼製の「鋼製束」が多く使われるようになっています。なお、束とは、短い垂直材の総称をいいます。