割栗石

【読み方:わりぐりいし、分類:基礎】

割栗石は、単に「栗石」とも呼ばれ、岩石を割って作った基礎地業に使う石材のことをいいます。これは、直径15センチメートル前後の大きさの石で、地盤固めや石垣の埋め石などに用いられます。

一般に建物基礎工事では、コンクリート打ちから始まり、頑丈な基礎を作るために、割栗石の細長い方を縦にして並べていき、さらにその隙間を目つぶし砂利と呼ばれる砂利で埋めて、その上から捨てコンクリートを打つことが多いです。