破風

【読み方:はふ、分類:屋根】

破風は、日本の伝統的建築様式(和風建築)において、切妻屋根入母屋屋根などにできる、妻側(に対し直角に接する壁面)の三角形部分の造形をいいます。これは、切妻屋根や入母屋屋根などの端に付けられた三角形(山形)の部分、またはその斜め部分に打ち付けられた板のことを指し、その種類には、形や位置によって、切妻破風、入母屋破風、千鳥破風、唐破風(向唐破風、軒唐破風)などがあります。また、左右の破風が合わさった所は、「拝み(おがみ)」と言います。