真壁

【読み方:しんかべ、分類:壁】

真壁は、壁の仕上面を柱と柱の間に設け、が見えるように造ったのことをいいます。これは、構造躯体として使う柱を表面に露出させ、柱と柱の間に壁を納める方式(真壁造り)で作られ、具体的には、柱を露出し、柱と柱の間に塗り壁や張り壁が施される、伝統的な日本家屋に用いられています。また、真壁に対して、柱が外部に現れないように仕上げを施した壁のことを「大壁(おおかべ)」と言い、今日では一般的に用いられています。

一般に真壁は、柱が外部に出ているので通気性がよく、耐久性に優れているというメリットがある一方で、耐久性を上げるための筋かいを入れにくいというデメリットもあります。