スリット窓

【読み方:すりっとまど、分類:窓】

スリット窓は、細長いスペースにはめ込まれた窓のことをいいます。これは、「隙間」を意味するスリットに由来し、縦方向や横方向に極めて細長い窓のことを指し、その種類には、FIX窓引違い窓滑り出し窓などがあります。

一般にスリット窓は、高さや幅の取れない場所に適した窓であり、玄関ホールや階段スペースの壁面などに「灯とり用の窓」として設置されることが多いです。また、住宅地などでは、プライバシーを保護して採光を確保するために、道路に面した壁面に複数のスリット窓を設けるケースもよくあります。