構造用合板/構造用面材

【読み方:こうぞうようごうばん、分類:部材】

構造用合板は、「構造用面材」とも呼ばれ、建築物(建物)の構造上において重要な部位に使用する合板をいいます。これは、住宅などの躯体を支える構造として用いられる合板であり、JAS(日本農林規格)では耐水性や強度などにより等級を付けています。

一般に木造軸組工法(在来工法)2×4工法(枠組壁工法)などで建てられる木造建築物では、屋根野地板耐力壁の床板(床下地)などで構造用合板が使用されています。