躯体

【読み方:くたい、分類:構造】

躯体は、建築用語で、建築物(建物)の構造体のことをいいます。これは、建物の強度にかかわる基礎、壁面、などを指し、通常、構造躯体という場合は、建物の構造を支える骨組みにあたる部分を指し、また建物の主要構造部という場合は、基礎を除いた構造躯体に屋根階段などが加えられます。ちなみに、木造在来軸組工法では、基礎や柱、梁、耐力壁、剛床などを指します。

一般に躯体は、力を支える構造体に使う材料により、木造やブロック造、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などに区分されます。なお、鉄骨造以外は、柱と梁とが一体となって、外力に耐えるようになっています。