戸襖

【読み方:とぶすま、分類:建具】

戸襖は、和室洋室などの取合(間仕切り)に設ける建具で、紙や布などを張って襖(ふすま)のようにした板戸のことをいいます。これは、住宅において、洋室側や廊下側はベニヤの上にクロス貼り、または化粧合板などで仕上げ、一方で和室側はベニヤの上に襖紙を貼り、廻りに薄い襖縁を貼り付けて襖のように見せています。

一般に戸襖の問題点として、の表面の仕上げ材が異なるため、建具の反りが発生することがあります。これに対処するには、上桟に空気抜きの穴を設けたり、建材メーカーの既製の(品質の安定した)戸襖を採用するなど、事前に何らかの対応策を取った方がよいです。