戸袋

【読み方:とぶくろ、分類:戸】

戸袋は、住宅において、雨戸などのを開けた時に戸が収納される場所(スペース)をいいます。これは、雨戸などを開けた時に収納しておくために、縁側や窓の敷居の端に作られる箱状の入れ物のことを指し、その種類には、板で戸袋全体を支える「妻板戸袋」と、収める雨戸の枚数が多い時に用いられる、で支える「柱建戸袋」があります。(室内では、引き戸の収納部分を指す場合もあり)

一般に戸袋は、住宅建設の際に、大工職が躯体工事以外に行う造作工事の一つとして作られます(戸袋を設けない雨戸付きサッシや後付けの雨戸では、サッシ工事扱いとなる)。なお、今日では、雨戸の代わりに窓シャッターが普及しているため、戸袋のない住宅も増えています。