天袋

【読み方:てんぶくろ、分類:内装】

天袋は、住宅において、押入れ床脇の上部に設ける袋戸棚のことをいいます。これは、部屋の上部や天井面に接して作られた収納であり、通常、和室の押入れ上部に設けられた戸棚のことを指すほか、天井面に付いた形の「吊り戸棚」のことを指す場合もあります。また、袋戸棚とは、引出しや棚などがつかず、中が空洞の戸棚のことをいいます。

一般に天袋は、部屋の高い所にあるため、頻繁に出し入れするものの収納には向かず、主に普段使わないものを収納する際に使うことが多いです。ちなみに、元々は、書院造りで、床の間の脇に設けられた違い棚の上部に付けられた袋戸棚のことを指していたそうです。