家屋

【読み方:かおく、分類:概念】

家屋は、一般的には、人が住むための建物のことをいいます。これは、行政面では異なる意味で使われており、具体的な対象が定められています。例えば、固定資産税の課税対象となる家屋とは、「住家、店舗、工場(発電所及び変電所を含む)、倉庫その他の建物をいう」と定められており、不動産登記法における建物とその意義を同じくするものであるとされています。