廻り縁

【読み方:まわりぶち、分類:内装】

廻り縁は、「見切り縁」や「天井回り縁」とも呼ばれ、天井との接する部分(境目)に取り付ける見切りのための横材をいいます。

一般に壁面と天井面が接する部分に廻り縁を入れることで、室内をより美しく仕上げることができます。また、和室の場合は、廻り縁を二段に取り付けると、より見栄えがします。なお、廻り縁を隠して納める「隠し廻り縁」もあります。