仕上げ材

【読み方:しあげざい、分類:部材】

仕上げ材は、建物の内外装に使用する、直接目に触れる部分の表面材料のことをいいます。これは、外壁や内壁、、天井などの表面に見える箇所を覆うために使用されるもので、様々な種類があります。現在、外装の仕上げ材には、瓦・スレート・金属板等の「屋根材」、サイディング・タイル・モルタル・ALC・木材・石材等の「外壁材」などがあり、また内装の仕上げ材には、板・タイル等の「壁材」、壁紙・珪藻土・漆喰等の「塗り材」、フローリング・縁甲板・床用シート・タイル等の「床材」などがあります。

一般に内外装とも、仕上げ材には「上に張るもの」と「上に塗るもの」があり、またALCのように、それ自体に構造体の役目を果たすものもあります。なお、今日では、外装用として光触媒技術を応用した汚れが付きにくいものや、内装用として有害物質を含まない自然・天然素材系のものが人気が高いです。