荒間障子

【読み方:あらましょうじ、分類:建具】

荒間障子は、「荒組障子」とも呼ばれ、竪横の組子の間隔を大きく粗く入れた障子をいいます。これは、横組み障子を基本として、竪(縦)と横の組子の数を少なくしたもので、木造住宅の和室などで一般的に用いられるものの一つです。なお、障子とは、和風建築に用いられる建具の一種で、格子の両側に布または紙を貼ったものをいいます。